業務内容・料金表

トップ > 業務内容・料金表

費用・価格

外壁塗装の費用・価格帯のちがい

気をつけないと、失敗・粗悪な工事などで痛い目を見ることが少なくない工事です。
下記の説明をよく理解した上で、御見積の参考にしてください。

よくある「30坪で〇〇円」

このような価格表示は、おおよその概算を知るためには役に立ちます。
が、
落とし穴がございます(要注意)
同じ家が並んで建っていても、環境状況、日照状況など様々違います。そうなると同じ家であっても工事金額が同一にならないのです。格安表示などには、要注意が必要です。なぜなら、工事が始まってから追加、追加となり最後には結局高額の請求されるケースがあります。現在はネット社会で、広告表示なども多彩で目を引かせるような価格帯で打ち出すところもございます。参考にされる場合には、是非お気を付けください。
格安価格は確かに魅力的です。決して安いものではございません(安かろう、悪かろうでは意味がございません)。誰しも少しでも安くやりたいのは、当り前ですが、原価を割れるような工事はできません。

よく聞くあるある話

高額見積からの大幅なびっくりするぐらいの値下げをする(1件塗装ができるぐらいの金額)。
今日決めていただけるなら、他社の見積もりより安くします等、色々な話術で契約を迫るそうです。
近隣で施工中の為、足場代無料にしますよ。
キャンペーン中、モニターハウス等で勧誘したり、うちのオリジナル塗料で、最高級塗料、30年以上塗料、一生など

同じ建坪でも費用、価格のちがい 例/25坪

このように同じ建坪によっても外周の長さが7mも違ってきます。足場代、塗料の材料代、養生費、施工の手間などもかわってきます。これが、高額なフッソなどの塗料使用時ではもっと費用の差が出てきます。外壁の材質、劣化状況などで色々と価格の差が生じるのです。

木部や鉄部など劣化状況  価格のちがい

木部部分で劣化が酷いと、下地処理(ケレン、研磨)にも手間のちがい

劣化が酷いと塗料の吸い込みが違いいます、その分塗料を多く使用し、さらに手間と材料代もかかります

10年で塗り替えるか、15年では全く変わってきます。

補修が必要な場合(大工・板金工事等) 価格のちがい

劣化が酷い場合には、塗装出来ない場合があります
よくある木部部分では、軒天、破風板、窓枠、帯板など(別途大工工事が必要)
鉄部はサビが進み腐食してしまい、穴があいてしまうなど(別途板金工事が必要)
さらに費用の負担が増えます

外壁材の種類 価格のちがい

凹凸に無いツルツルしている外壁、凹凸のあるザラザラしている外壁などによって塗料の使用量が変わります(吸い込みの違いもある)
場合によっては、2倍、3倍となる場合がございます

シーリング工事 価格のちがい

サイディングの場合は、目地(打ち替え工事)、サッシ廻り(打ち増し工事)等の費用も必要です
塗り替えにあたり大事な工事となり、交換無しでの工事はあり得ません
シーリング1式工事又はシーリング補修工事などは要注意

足場工事 価格のちがい

お隣様との境界の幅が広い(作業性が良い)、狭い(作業性が悪い)など、上記の図のように同じ坪数であっても、形が違うと変わります
お隣様の敷地、屋根上をどうしても借りなくては組立できない場合
トラックが入れないような場所で手運搬になる場合は、別途費用がかかります

仕様塗料のちがい 価格のちがい

現在主流がシリコン、次にラジカルハイブリッド、次に高額なフッソ(遮熱)などになります
仕様する塗料によって、価格の差がございます

これだけ、家によって違いが出てくるものです。なのでよくある何坪○○円、○○㎡まで/1式○○円と御見積を算出することは絶対に不可能です

平均価格は、大体建坪30坪が多いですので参考に
サイディング外壁、屋根塗装を含めて約100万円~程費用がかかります。(付帯部塗装も含まれます)
※付帯部・・・雨トイ、破風板、鼻隠し、霧除け(ひさし)、雨戸・戸袋、シャッターBOX、水切り等々
そこに、シーリング工事で15~20万円ほどかかってきます
モルタル外壁の場合ですとひび割れ、欠損補修などが状態によってプラスされてきます。
ご参考にしてください
劣化状況などによっては、本当に価格に差が出ます
塗装とは、綺麗にするのは当り前のことで家を次回塗り替えまで家を守る塗装が必要です

防水工事

あるある防水工事のからくり

よく相見積で、あなたの所他社より倍近くするんだけど、とよく言われます
よく見積書を見比べてください、大丈夫ですか!!!
見積項目が全然出せていない(1行、2行の他社見積もり)
なぜでしょうか?
防水工事のこと全く分かっていません
防水工事ではないのです、只々現状の悪い防水層に色を付けているだけなのです(トップコートのみの施工は、防水層が大丈夫の時しかできない仕様です)
又は、モルタル金鏝仕上(歩行用)などの場合は、仮防水材を塗っているだけです
全く意味がありません
よくあります
お客様は素人です防水したと思い込んでいるのです
他社で施工後、2・3年後に呼ばれていくとまあ大変!!!
建物に不可抗力などがない限り、2・3年ではそうはならないのです
現調にお伺いすると、びっくりするような施工がしてあります
既設の防水層の状態を見て、どのような施工方法が最適かしっかりと調査が必要なのです
防水にはたくさん種類がございます
ウレタン塗膜防水
FRP防水(木造住宅ベランダはほとんどこちらです)
シート防水(何種類もございます)
アスファルト防水

など、いろんな防水がしてあります
既設の防水層によって、劣化状況によって、さまざまな下地処理、施工方法が異なってきます
現調を行う上でも経験が重要になります。
間違った仕様で施工を行うと大変なことになります

防水工事は狭い施工範囲ほど、割高にはなります

既設防水層が何かわからない営業マン(現調に来る方)

屋根塗装

屋根の劣化は同じ年数であっても外壁よりも劣化がかなり早いです(要注意)
見えない部分ですのでわかりにくいです
屋根にも仕様されている材料、劣化状況、勾配によっても値段の差が出てきます
屋根には他に、棟板金、ケラバ板金、唐草板金等がございます(シーリング処理、サビ止め(さび発生部にはサビ止め前にさび面素地調整補助剤の塗布)
瓦の場合は、塗装しませんが漆喰のある屋根は漆喰交換工事、谷トイがある場合は交換工事などございます(せっかく足場を組立しているのに、やり忘れないように)

主にカラーベスト(コロニアル)は、塗り替えが必要です(2004年以前の屋根には大半アスベストが含まれています)

ですが、あまりにも劣化が酷くなると塗装ができなくカバー工法などが必要になり費用がかなり高くなります
ここで特に重要なポイントが、高圧洗浄です(外壁でも同じです)洗浄不十分ですと塗膜の密着性、剥がれ等に繋がります
洗浄後に、はっきりと劣化状況が分かってきます(以外に綺麗な状態だな~っと思っていたが、洗浄するとよくわかります)
次に下塗りですが、劣化状況によっては吸い込みが激しいと2回、3回、4回となります(しっかり浸透させることが重要です)(過去最高記録は、下塗り7回塗りでした…大変でした)
洗浄、下塗り不十分で正規の3回塗りでは、まったく意味のない単なる美観塗装になってしまします
毛細管現象にも注意(縁切りしないと危険です)
そうなると雨漏りの原因になります
台風や強風の雨は屋根を逆に登っていきます。カラーベストの重なり部分はくっついては駄目です、塗装によって部分的にくっついている状況やしっかりとくっついて少し隙間がある状態はやばいです。
家というものは完全に水を入らないようにしていないのです。(一般的にみるとなぜと思いますが、中には入らないようにしっかりと水抜き出来ているのです
なので、重なり部分がくつついていると水が入り、中にたまり釘止め部分などから水が浸入して雨漏りになる原因になるのです

板金屋根(瓦棒、折半など)は、塗り替えが必要です

さびの発生に要注意
さびが発生しますと、雨などで(サビ汁によって)カビのようにどんどん広がっていきます(サビていないところもです)
さびができ、だんだんと腐食し、もろくなって、ひどくなると穴が開きます
そうなり補修が利かなくなると張り替えになり費用がかなり高くなります

モニエル瓦、セメント瓦は、塗り替えが必要です(モニエル瓦2004年以前の屋根には大半アスベストが含まれています)

こちらの商品は廃盤になているため在庫などがない状態です
補修などができないです
そうならないために、塗り替えが必要です
ここでかなり厄介なのがモニエル瓦のスラリー層です
このスラリー層が本当に本当に厄介で塗料との密着を悪くさせます
モニエル瓦では、ほかの屋根よりも洗浄に時間を要します
下塗りは、2回、3回は当り前で、乾燥養生後マス目に切り込みを入れ密着性検査後、上塗りになります
吸い込みがかなり激しいのでしっかりと奥まで浸透させます

屋根も外壁同様同じ平米であっても、劣化状況、種類、作業工程によりかなり費用がかわります
屋根はお客様にとって死角の部分です、そして一番劣化を置ける場所です。施工内容に要注意です
高耐候の塗料であっても、何度も言いますが施工の仕方によっては、意味のない高耐候塗料になります

外壁の種類もわからないような営業マン(現調に来る方)

  • TEL.0120-84-1940 受付時間/9:00~20:00
  • メールでお問合せ・無料お見積り